SEO対策(検索エンジンに気に入られるウェブサイトにするには)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA前回「アクセスアップでホームページのテストを効率よく行う」で書いた内容の復習です。

ウェブサイトはトライアンドエラーを繰り返して問い合わせや申し込みを増やすことができます。
そのためには、必要なサンプルがないと判断ができません。最低でも1,000アクセスは欲しいです。
サンプルを効率よく集めるには検索エンジンにフレンドリーなウェブサイトにする必要があります。

検索エンジンにフレンドリーなウェブサイトにするには下記の要素を改善するといいようです。

それは、
「セッション」「ユーザー(数)」「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」「新規セッション率」

これらの中で、「セッション」「ユーザー(数)」は他の要素の改善すると自動で改善されます。
なので、私たちは「ページビュー数」「ページ/セッション」「平均セッション時間」「直帰率」「新規セッション率」を改善し続けると良いサイトになると考えます。

つまり、
新規のアクセスを集め続けて、アクセスした人には出来るだけ多くのページを見てもらい出来るだけ長く滞在してもらうと良いサイトになるようです。
ページ数と滞在時間は比例すると思いますので、1回あたりのページビュー数を改善すれば良いようです。

では、具体的にどうすれば1回あたりのページビュー数が増えるのか?

  • ブログ
    読む人に役に立つ、できれば他の人に紹介したくなるような記事を多く書く
  • 予約システム
    宿泊施設やエステサロン、ネイルサロン、鍼灸整骨院、貸し会議室などに有効です
  • ショッピングカート
    物販系にはとても有効です
  • ゲームや占い

このような、ものをできれば複数をドメイン内に設置すればそれだけでページビュー数や滞在時間が大幅にアップします。

ここで大切なのは「ドメイン内」に設置することです。
予約システムやショッピングカートは他のサイトやASPに飛ばしているのをよく見かけますがそれではダメです。
あなたが使っているドメイン(例:www.abcdefg.com)の中に設置して運用しましょう。
この数字は、あくまでもライバルより良くする必要があります。
あなたのウェブサイトがどのようなキーワードで検索されているか調べて、そのキーワードで他のウェブサイトを調べ見る必要があります。
もし、とても強力なライバルが多くいる場合はキーワード戦略から見直す必要があります。

次は、実際に予約システムを使ったらどう改善されるのかお伝えします。

関連する投稿:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - SEO対策(検索エンジンに気に入られるウェブサイトにするには)
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

コメントを残す

メールマガジン
サブコンテンツ