AMD A8-3850でパソコンを自作してみた

去年から半自作で使っているパソコンはAMD Phenom II 940BEです。
パソコンに使われているCPUのほとんどがIntel製なのですがAMDにはそれなりの良い所があります。

  • コストパフォーマンスが良い
  • ネイティブ6コアのCPUがある
  • 消費電力が少ない(節電できる)

上記はIntel製CPUと比べた場合です。

メーカ製のパソコンにも低コストの理由から採用する企業もいくつかあります。DELL、HPなどがそうです。

今年の6月にAMDから新しいCPUが発売されました。(このシリーズからCPUではなくAPUと呼ばれています)

AMD A8-Series APUs A8-3850

このCPUはIntelのCore iシリーズの第二世代2000番代の番号が振られたCPUと同じく1個のCPUにグラフィックのチップが入っています。
これまではグラフィックはグラフィックカードを使うか、マザーボードのチップセットのグラフィック機能を使っていましたが、より高速な処理をするためにCPUとグラフィックチップを一緒にしてしまったのです。

このAMD A8-3850の値段はアマゾンで12000円弱。同じ4コアのIntel Core i5 i5-2400Sと比べると4,000円ほど安い。
今回自作したパーツは以下の通り。

電源以外のパーツは全て新品です。金額は約30,000円、電源をそこそこの新品を買っても33,000円でパソコンを作ることができます。
後はWindows7です。オークションなどで購入すると10,000円程度からあります。

このパソコンを組むためにパーツ選びをして注文したのですが、マザーボードの到着が一番遅かったのです。
なので、初め持した作業はケースへ光学式ドライブと電源の取り付けです。
待つこと3日、ようやくマザーボードが到着しました。

MSI A45A-G35

このマザーボードはみておわかりのように、PCIex×16が2つあります、SATAポートも6つ、これだけたくさんポートがあると拡張性もよく安いマザーボードの割には使えそうです。

マザーボードへメモリー、CPUとCPUクーラー、の取り付けです。
メモリーは難なく取りつけられました。

こちらがCPUとCPUクーラー
AMD A8-3850

CPUを角にある▲マークを確認して取り付けます。
CPU取り付け完了
CPUを取り付けました。
次はCPUクーラーの取り付け。
CPUクーラー取り付け完了

このマザーボードをケースへ取り付けます。
背面のパネルを取り付けたらマザーボードをケースへネジ止めします。
GMO J1はスペーサーがあらかじめ付いていたので予備のスペーサーをマザーボードに合わせて取り付けます。
ケースへ取り付け完了

ハードディスクを取り付けたらケーブル類をマザーボードへ挿し込むだけ。
前に自作したときはスイッチが入らなかったのでマザーボードの取説をよく見ながらケーブルを挿し込みます。

そして緊張の一瞬、電源ケーブルを挿し込み、電源のスイッチを入れ、パソコンのスイッチをON!
難なくBIOSが立ち上がりましたε-(´∀`*)ホッ

後はWindows7をインストールして、一丁上がり!

AMD A8-3850の実力はかなりのもの、Windows7のインストールはかなり早かったです。
ちょっと前にメーカ製のIntel Core i5のパソコンを触らせてもらったのですが、体感的にはそんなに変わらないと感じました。

自作パソコン a8-3850

関連する投稿:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AMD A8-3850でパソコンを自作してみた
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

コメントを残す

メールマガジン
サブコンテンツ