AMD FX-8150 と 990FX-Extreme4でグレードアップ&オーバークロック

以前のパソコンは3年ほど前に自作して使っていました。
CPUはPhenom II x4 940BE、マザーボードはFoxconn A75GMでした。
一世代前の組み合わせです。メモリもDDR2しか使えなかったし、SATAもMAX3Gbps。

さすがに、起動が遅いのでSSDに途中から変えましたけど、CPUやマザーボードのバスクロックが遅ければ根本的には早くなりません。
そこで、今回もコストパーフォーマンスに優れていて、クチコミサイトでも評判の良いAMDのCPUを使うことに決めました。
PCケース、電源ユニット、SSD、HDD、グラフィックボードは今まで使っていたものを使います。

予算は2万円強、部品代は実質3万5000円かかるのですが、中古の部品をヤフオクで12,000円で売りました。

今回のパーツは以下の通りです。

パソコンの自作は今回で5回目、2時間ほどで組みあがりました。
今回はWindows 8 Proの発売時期と重なったので、1月31日までの優待価格でアップグレードしました。

Windows7に比べて格段に起動が早いです。

そして、最近のCPUの特徴としてオーバークロックが簡単にできること、もちろん最近のマザーボードもオーバークロックに対応しています。
ぐぐってみたら、電圧を盛らなくても4G(デフォルトは3.6G、ターボモード3.9G)は十分出せるとのことなのですが…
どうも、私の使っているパーツでは耐えられないようです。
なので、CPUの電圧を1.4Vまで盛って、通常4GHz、ターボモード4.4GHzで使っています。
CPUの温度も55度程度なので今の時期はこれでもOKかなって思っています。

Windows8の起動時間は約20秒、ストレスなく使えています。
ただ、私の使っているグラフィックボードはHD5450なので、グラフィックボードをいいのに変えればさらにストレスなく使えそうです。

関連する投稿:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AMD FX-8150 と 990FX-Extreme4でグレードアップ&オーバークロック
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

コメントを残す

メールマガジン
サブコンテンツ