Trojan Killerの使い方

パソコンのトラブル解決します

Internt Protectionの駆除、削除の仕方でも使ったTrojan Killerの使い方を説明しておきます。
かなり強力なウィルス駆除ソフトです、Yahooツールバーなども削除しそうなのでご利用は自己判断でお願いします。
今回の説明は15日間のトライアルで使う方法です、購入される方は方法が違いますのでご理解下さい。

まず、Trojan Killerのサイトへアクセスします。
trojankiller-home
真ん中にある「Download Trojan Killer」をクリック。
全て英語ですが、難しくないので手順に沿ってインストールします。


15日間のトライアルで使う場合はこの画面で「Continue」をクリックします。

自動的にアップデートされます。
trojankiller-update
アップデートが終わったら下に「OK」ボタンが出てきますので、クリック。
trojankiller-update2

コンピュータのスキャンが始まります。
trojankiller-scan

ウィルスやトロイの木馬が発見されると「ウィーン」と警告音が鳴ります。
私のパソコンのスキャンした結果がこちら。
trojankiller-scan-completed
Yahooツールバーがアドウェアと認識されています。
この右下にある「Report」をクリック、メモ帳でログが開きますので、このファイルを名前をつけて保存します。
セーフモードでパソコンを再起動させなくてはいけない場合もありますので、必ず保存してください。
そして、このファイルに書かれている場所の疑わしいファイルやレジストリを削除します。
trojankiller-report

Trojan Killerで無料で使えるツール

Trojan Killerで無料で使える便利なツールがあります。
上の「Tools」をクリックするとこのような画面が表示されます。
trojankiller-tools
上から
InternetExplorerのセッティングを正常に変更するツールです。
トロイの木馬はInternetExplorerのオプションを変更して「キーロガー」(キーボードの操作情報を記録して送信するウィルス)などの情報を送信する場合があります。

2番目が
hotsファイルを正常にしてくれるツールです。
hotsファイルはパソコンがインターネットにアクセスするときにアドレスを操作するファイルです。
ここに間違った情報を書いていると自分がアクセスするホームページが違うアドレスに誘導される可能性があります。

3番目
WindowsUpdateをリセットするツールです。
ウィルスやトロイの木馬は自動的にWindowsUpdateを停止させてウィルスを発見しにくくする場合があります。

4番目
システムイメージファイルを正常にするツールです。
システムイメージファイルはパソコンのバックアップファイルです。このファイルをウィルスは操作する場合があります。

この「Tools」にあるツールは全て無料で使えます。
不安に思われる方は使ってみてください。

関連する投稿:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Trojan Killerの使い方
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

パソコンのトラブル解決します

4 Responses to “Trojan Killerの使い方”

  1. […] でも、トライアル版でもトロイの木馬のファイルやレジストリは表示さます。( Trojan Killerの使い方をアップしました、参考にしてください。)とりあえずインストールしてスキャンを […]

  2. […] まず、スペックが十分なパソコンが重たい時に疑うのがウィルスです。Trojan KillerやHitman Proでウィルスやトロイの木馬を調べましたが異常なしでした。 […]

  3. […] って行なって下さい。また、Trojan killer、Hitman Proなど一定期間無料で使えるソフトもありますので是非利用して下さい。「Trojan Killerの使い方」はこちら→「Hitman Proの使い方」はこちら→ […]

  4. […] 5.ここでやっとリブートし、立ち上げ時にレジストリがきれいにされています。 6.最後に、Windows Guard Solutions はHOSTファイルのパーミッションを書き換えているおそれがあるということが英語のサイトに書かれていることがあります。これはアンチウィルスやセキュリーティーのサイトに接続しようとすると、勝手に別のサイトに飛ばしてしまうなどのためだそうですが、これにも対処する必要があります。 英語サイトではhostfix.batをダウンロードして立ち上げて、またマイクロソフトのソフトからHostファイルを初期設定にもどすというようなことが書かれています。わたしも一応そのソフトを用意しましたが、TrojanKillerの紹介サイトに「trojan Killerで無料で使えるツール」というものが紹介され、これを使えば大変楽かなと思いつき、このツールをインストールして使いました。(ただしこのTrojanKilleはマルウェアの検査はできますが、除去は無料ではできないようです。) […]

コメントを残す

メールマガジン
サブコンテンツ