ビジネスホテルのWi-Fi(無線LAN)の施工(設置、設定)

パソコンのトラブル解決します

某ホテルからWi-Fi(無線LAN)の設置をしたいとのお問い合わせを頂きました。
そのホテルは各部屋へは有線LANがあるのですが、最近の流行はスマートフォンとタブレット。有線LANではインターネットに繋ぐことができません。

調査

まずは見積もりを出すためにホテル内の調査です。
各階の配電盤には有線LANが引かれていて、そこから各部屋へLANケーブルを引っ張っています。
このホテルは各階14部屋あるので、16ポートのスイッチングハブを使うといっぱいで余裕がありません、また、今回はLANケーブルで給電(PoE:Power over Ethernet)できる装置使う予定なので、使えるかどうかもチェックします。

また、無線LAN親機を持って行って各部屋での電波の強さをチェックします。

調査結果は各階にPoE給電対応のスイッチングハブと無線LANアクセスポイントを2台設置で見積もりを出しました。

使った装置はアクセスポイントがアイ・オー・データ機器WHG-NAPG/AL、スイッチングハブがNETGEAR 10ポート PoE ギガビット スマートスイッチ GS110TP-100AJS

これらの装置を選んだ理由は、
アイ・オー・データ機器WHG-NAPG/ALはアイ・オー・データはアクセスポイント管理ソフトを無償で配布していること(他社だと5万円~10万円ほどかかる)と2,4Ghzと5Ghzの両方の周波数帯が使えること。
NETGEAR 10ポート PoE ギガビット スマートスイッチ GS110TP-100AJSはNETGEARはライフタイム保証、PoE給電対応であること。

設置、施工

あらかじめ、電気工事店にしてした位置にLANケーブルを引っ張ってもらっていたので、廊下の壁の一番上にアクセスポイントを木ネジやアンカーネジで固定してLANケーブルをつなぐ。
また、配電盤で既存のスイッチングハブからPoEスイッチングハブにLANケーブルで繋ぎ、アクセスポイントにつながっているLANケーブルをつなぐだけ。
既存のスイッチングハブ→PoE給電スイッチングハブ→アクセスポイントと繋ぐ。
設置、接続が終わったら、とりあえず電源ランプの点灯を確認してSSIDとパスワードの設定、タブレットやスマートフォンで接続の確認、設定した内容をエクセルに書き込みます。

この作業を各階で行って完了です。
フロントのパソコンに設定内容を書き込んだエクセルをコピーして、スタッフに説明して完了です。

このホテルの場合は、各階の部屋数が14部屋でしたのでアクセスポイント2台で対応しています。
ご予算は1フロア15万円~です、ただし各階にLANケーブル、スイッチングハブが設置していることが条件となります。

関連する投稿:

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビジネスホテルのWi-Fi(無線LAN)の施工(設置、設定)
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
LINEで送る
[`tweetmeme` not found]

パソコンのトラブル解決します

コメントを残す

メールマガジン
サブコンテンツ