1. TOP
  2. ハードウェア
  3. AMD FX-8150 と 990FX-Extreme4でグレードアップ&オーバークロック

AMD FX-8150 と 990FX-Extreme4でグレードアップ&オーバークロック

ハードウェア
この記事は約 3 分で読めます。 30 Views

以前のパソコンは3年ほど前に自作して使っていました。
CPUはPhenom II x4 940BE、マザーボードはFoxconn A75GMでした。
一世代前の組み合わせです。メモリもDDR2しか使えなかったし、SATAもMAX3Gbps。

さすがに、起動が遅いのでSSDに途中から変えましたけど、CPUやマザーボードのバスクロックが遅ければ根本的には早くなりません。
そこで、今回もコストパーフォーマンスに優れていて、クチコミサイトでも評判の良いAMDのCPUを使うことに決めました。
PCケース、電源ユニット、SSD、HDD、グラフィックボードは今まで使っていたものを使います。

予算は2万円強、部品代は実質3万5000円かかるのですが、中古の部品をヤフオクで12,000円で売りました。

今回のパーツは以下の通りです。

パソコンの自作は今回で5回目、2時間ほどで組みあがりました。
今回はWindows 8 Proの発売時期と重なったので、1月31日までの優待価格でアップグレードしました。

Windows7に比べて格段に起動が早いです。

そして、最近のCPUの特徴としてオーバークロックが簡単にできること、もちろん最近のマザーボードもオーバークロックに対応しています。
ぐぐってみたら、電圧を盛らなくても4G(デフォルトは3.6G、ターボモード3.9G)は十分出せるとのことなのですが…
どうも、私の使っているパーツでは耐えられないようです。
なので、CPUの電圧を1.4Vまで盛って、通常4GHz、ターボモード4.4GHzで使っています。
CPUの温度も55度程度なので今の時期はこれでもOKかなって思っています。

Windows8の起動時間は約20秒、ストレスなく使えています。
ただ、私の使っているグラフィックボードはHD5450なので、グラフィックボードをいいのに変えればさらにストレスなく使えそうです。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • Windows XP パソコン VALUESTAR PC-VL300ED の修理

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

関連記事

  • AMD A8-3850でパソコンを自作してみた

  • SAPPHIRE HD5450 512M の評価

  • Windows7でドライブが消える(認識されない)

  • Radeon HD7770にグラフィックボード交換

  • Intel Core i5 4760(Haswell)とASRock H87M Pro4でパソコン自作

  • ビジネスホテルのWi-Fi(無線LAN)の施工(設置、設定)