1. TOP
  2. SEO
  3. Yahoo!JapanとGoogleそしてソーシャルサイト

Yahoo!JapanとGoogleそしてソーシャルサイト

SEO
この記事は約 3 分で読めます。 10 Views

夕べ珍しく夜遅くまで起きているとビッグニュースが飛び込んできた。

色々なメディアでも取り上げられているので書くまでもないがYahooJapanとGoogleの提携だ。
2年ほど前に米国YahooはMicrosoftのBingとの提携を発表していたのでYahooJapanもBingと提携するものだと思っていた方々も多いはず。
私もいつ移行されるのかと思っていたところに昨日のニュースだ。

ネットサーフィンと言う言葉が死語になったように、ネットで情報を調べる手段はすでにYahooやGoogleなどの検索エンジンだけではなくなったからです。
窓にキーワードを入れて表示される検索結果(SERP)は検索エンジンが押し付けている情報です。
もちろん、検索エンジンもユーザーにとって出来るだけ好ましい結果を表示しようと日々コンピュータのプログラム(アルゴリズム)を入れ替えているのは事実です。
Googleでは年間300回以上のアルゴリズムの更新が行われているのだとか。

検索エンジンがしのぎを削っている間に台頭してきたのがソーシャルサイト、ソーシャルブックマークなどの人(ユーザー)の手によって作られる人気ランキングとも言っていいサイトだ。また、「教えてG00」や「Yahoo知恵袋」に代表される公開質問状のようなサイトも人気を集めている。
また、マニアックなブログもかなりのアクセスがある。Twitterになれば言わずともがなである。

個人情報保護の時代に逆行するかのように、自分が好きなもの気になるものを公開して、ブログで自分の意見を書く。
なぜ、このようなサイトに人気が集まるかと言うと、そこに「思い」「理由」があるからだ。

なぜそれを選んだのかがはっきりしているからだ。

この部分が検索エンジンの検索結果にはほとんどない。むしろ検索エンジンもソーシャルサイトを重要視している所も多く見受けられる。
人は何かを見せられた時に必ず一つの問いが出てくる。

どうしてそれを私に見せたのですか?

見せられたものより、見せた理由や思いを聞いてはじめて見せられたものに納得する。
背景や行間をこれからどのように伝えるかが重要だ。

大手の検索エンジンがインターネットの主導権を取る時代は終わりつつあるのかも知れない、むしろ思いを熱く語るブログや今の思いを伝えるTwitterが現在の社会を反映してるのだろう。

資本主義の時代が終わろうとしている今、インターネットの中にも資本主義の終焉を物語る昨日のニュースでした。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

  • ホームページの集客(売り上げ)改善のポイント

関連記事

  • モバイルフレンドリーテスト、スマートフォンの検索順位に影響します。

  • キーワードの考え方(企業間取引BtoB)

  • Googleがコンテンツファームアルゴリズムを導入

  • Google XML Sitemaps with Multisite supportが有効化できない。

  • キーワードの選び方(全国展開型)

  • キーワードの選び方(地元密着型)