1. TOP
  2. 便利なツール
  3. Windows8.1 Preview版ではCatalyst Software Suiteを入れなおした

Windows8.1 Preview版ではCatalyst Software Suiteを入れなおした

 2013/06/28 便利なツール
この記事は約 2 分で読めます。 17 Views

いよいよ、Windows8.1の発表があってPreview版がダウンロード出来るようになったので早速インストールしてみました。

幾つもの記事で書かれているように、スタートボタンが復活してちょっと使いやすくなっています。

windows8.1

 

こんな感じです、もちろんWindows7の時のようにアプリケーションがリストで表示されるのではなく、Windows8の時のスタート画面に移動します。
スタート画面もカスタマイズしやすくなっていて、タイルの大きさが、前は大、小だけだったのが、大中小の3つから選べるようになっています。

私がいいなと思ったのがスタートボタンでの右クリックです。

windows8.1-1

 

これは、Windowsボタン+Xで表示されるコンテキストです。
コントロールパネルやコンピュータの管理などへすぐに移動できます。

Windows8.1のPreview版ですが、ダウンロードしてインストール完了まで約1時間かかってます。

そして、ちょっとトラブルがありました。
私はグラフィックボードはATIのRadion HD 7700を搭載したものを使っているのですが、ドライバーが置き換わっていました。
コントロールパネルからデバイスマネージャを立ち上げて、デイスプレイアダプタのプロパティを見ると、ドライバーがMicrosoftのものになっていました。
そして、メインディスプレイにグラフィックボードの初期のように黒い縁がでてます。
これはCatalyst Software Suiteのスケーリングで調整できるのですが、その項目がない!
仕方ないので、ATIのウェブサイトからCatalyst Software Suiteの最新版をダウンロードしてインストールしました。

とりあえず、これでOKです。
もしかしたら、他のデバイスもドライバーが置き換わっているかもです。

 

 

 

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

  • ホームページの集客(売り上げ)改善のポイント

関連記事

  • Google日本語入力betaを使ってみた

  • GoogleAppsを使う(導入する)

  • エクセルをHTML(table)に変換してくれるツール

  • アサヒネットでプロバイダ乗り換え、知人、友人紹介キャンペーン

  • Yahooボックスの機能と使い方

  • Yahooボックスをインストールしてみた