1. TOP
  2. トラブルシューティング
  3. sweet-page.com(ブラウザハイジャッカー)を削除する

sweet-page.com(ブラウザハイジャッカー)を削除する

トラブルシューティング
この記事は約 6 分で読めます。 32 Views

ブラウザのスタートページを改ざんして、誘導してアドウェアをインストールさせたり、あたかもウィルスに感染しているような表示をしてパソコンに有料ツールをダウンロードさせるのがブラウザハイジャッカーです。

sweetpage1

あなたがお使いのブラウザ(インターネットエクスプローラー、 )のスタートページがこんな画面になっていたら出来るだけ早く直したいですよね。
今回はGoogle Chromeのスタートページがブラウザハイジャッカー(sweet-page.com)に改ざんされたので、ここに備忘録を書いておきます。
この方法はインターネットエクスプローラーやFirefoxでも同じように操作すればsweet-page.comは削除できます。

スタートページを変更する

一番気味が悪いのがスタートページが変わっていることです。
これを元に戻す方法です。

まず、デスクトップにGoogle Chromeのショートカットがある場合です。
sweetpage-chrome-icon
ショートカットを右クリックして出た小窓の一番下にプロパティがあるのでそれをクリックして開きます。

デスクトップにショートカットがない、タスクバーにはピン止めしている場合です。
sweetpage-chrome-taskbar
タスクバーのGoogle Chromeのアイコンを右クリックします、小窓が開くので「Google Chrome」をもう一度右クリックして開いた小窓の「プロパティ」をクリックします。

デスクトップにもショートカットはない、タスクバーにピン止めもしていない場合です。
これはWindows 8.1の場合なので他のバージョンでは操作が違う場合があります。

スタート画面にショートカットがある場合とスタート画面にショートカットがなくアプリ画面だけにある場合は同じ操作です。

sweetpage4sweetpage3
どちらもGoogle Chromeのアイコンを右クリックして「ファイルの場所を開く」をクリックします。

sweetpage2
ファイルの場所を開くをクリックするとGoogle Chromeのショートカットがある場所がエクスプローラーで開きますので、そこにあるショートカットを右クリックしてプロパティを開きます。

これでプロパティが開きました。
sweetpage-chrome-propaty

スタートページが改ざんされている原因はリンク先にあります。
「”C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” http://www.sweet-page.com/?」
このようになっているとはずです。
最後の部分の「http://www.sweet-page.com/?」これが原因なので削除して「”C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe”」これだけにします。

インターネットエクスプローラーやFirefoxでもスタートページが改ざんされている場合は同じ作業を行ってください。

これでパソコンを再起動してスタートページがwww.sweet-page.comでなくなっていたらOKです。
しかし、依然としてスタートページがwww.sweet-page.comになるようでしたらレジストリエディタで完全に削除する必要があります。

レジストリエディタでwww.sweet-page.comを完全に削除する

レジストリエディタを触る場合は必ずバックアップを取ってください、最悪の場合パソコンが起動しなくなります。必ず自己責任でお願いします。
Windows8.1での操作方法を書きますが他のバージョンもほぼ同じです。

レジストリエディタを起動します。

regedit1
左下のスタートボタンを右クリックして出たメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

regedit2
出てきた小窓の名前に「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

レジストリエディタが起動したら検索します。

regedit4
画像のように「編集」から「検索」をクリックします。

regedit3

検索する値に「sweet-page」と入力して「次を検索」をクリックします。

基本的にはこの検索で見つかったキーや値は全て削除します。
値の削除の方法です。

sweetpage-value-delete1
検索で見つかった値を右クリックして出てきたメニューの「削除」をクリックします。

sweetpage-value-delete
すると画像のような小窓が開くので「はい」をクリックして完全に削除します。

キーを削除する方法です。

sweetpage-key-delete1
画像のようにキーの上で右クリックして出てきたメニューの「削除」をクリックします。

sweetpage-key-delete
小窓が開くので「はい」をクリックして完全に削除します。

キーや値を削除したら次の検索をするには「編集」の中の「次の検索」をクリックします。
その都度「sweet-page」と入力しなくても大丈夫です。
sweetpage-next-search

そして、なくなると
sweetpage-search-finish
このような小窓が開くので、終わりです。

今回のパソコンでは下記の値とキーを削除しました。

(最後の方にある{xxxx}の部分はパソコンによって違う可能性があります。)
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\StartMenuInternet\IEXPLORE.EXE\shell\open\command
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\{33BB0A4E-99AF-4226-BDF6-49120163DE86}
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\SearchScopes\{33BB0A4E-99AF-4226-BDF6-49120163DE86}

キー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\Main
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\sweet-pageSoftware

全て削除し終わったら、パソコンを再起動してください。
お疲れ様でした。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • Windows XP パソコン VALUESTAR PC-VL300ED の修理

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

関連記事

  • Windows7が重たい時のチェック方法

  • エクスプローラ(タスクバー)が再起動を繰り返す不具合 KB3033889 の更新プログラム

  • ブルースクリーンエラー0x0000007bの対処法、直し方

  • システム管理者から配信不能のメールが返ってくる(outlook2003,2007,2010,2013,2016)

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

  • Planex MZK-750DHPでWi-Fi(無線LAN)が切れる時の対処、設定方法