1. TOP
  2. wordpress
  3. WordPressで郵便番号から住所を自動入力できるようにする。contactform7 ajaxzip3

WordPressで郵便番号から住所を自動入力できるようにする。contactform7 ajaxzip3

 2012/12/12 wordpress プラグイン
この記事は約 2 分で読めます。 11 Views

今回は、お客さまからの要望もあり、お問い合せのページで郵便番号を入力すれば自動的に都道府県、市区町村、町名に入力する方法です。

以前はサーバーに郵便番号のデータベースをアップして、そこから住所を引っ張ってきていたようです。
これだと、市町村の統合などで郵便番号が変わったらデータベースも変更しなくては行けないので面倒でしたが、GoogleさんがAjaxzip3を作ってくれたので、データベースにリンクを貼ればOKとなったようです。

まず、Wordpressではお馴染みのお問い合せ用プラグイン「contact form 7」をインストール、有効化します。

郵便番号と住所の部分だけですが、以下のようにidを付けてcontact form 7のフォームの部分に書きます。

そして、header.phpの

の下に次のコードを挿入します。
今回はお問い合せページスラッグが「inquiry」となっていますので1行目の

の部分の[‘inquiry’]の部分を適宜変更して下さい。
ページIDの場合は[‘]なしの数字にします。
これで、お問い合せのページのみに住所を自動入力するスクリプトを読み込むようにしています。

お問い合せのページは出来るだけ、入力項目を簡単に記入できるようにするべきですよね。
それにしても、Wordpressは他のホームページで実現しているスクリプトなどが簡単に実現できますから助かっています。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

  • ホームページの集客(売り上げ)改善のポイント

関連記事

  • 画像を自動的にリサイズするプラグインImsanityの使い方

  • サブディレクトリでマルチブログ(wordpress3.0)さくらインターネット

  • My Page Order の設定と使い方

  • WordPress 3.0RC2日本語版を使ってみる

  • Google Analyticatorの設定と使い方

  • wordbookerとktai entry