1. TOP
  2. wordpress
  3. WordPressのサーバー引越し(CoreServer→さくらインターネット)

WordPressのサーバー引越し(CoreServer→さくらインターネット)

wordpress
この記事は約 3 分で読めます。 43 Views

当社で制作した自動車板金、コーティングの越智美装さんのホームページ。

これまではCoreserverで運用していました。
しかし、ホームページが見れない、Wordpressの管理画面(ダッシュボード)にアクセス出来ない、などのトラブルが度々ありました。

そこで、割安で安定しているさくらインターネットに引越ししました。

Coreserverのドメインの管理はバリュードメインです。
今回はドメインはバリュードメインに置いたままで、さくらインターネットに引越しをしました。

Coreserverでの作業

まずは、運用中のWordpressにWP-DBManagerをインストールしてデータベース(MySql)のバックアップを取ります、念の為にWordpressの左のメニューの「ツール」→「エクスポート」から投稿や固定ページをダウンロードしておきました。
そして、CoreserverにあるWordpressのファイルを全てFTPでパソコン(ローカル)にダウンロードします。
実際に運用中のWordpressなのでwp-contentsにあるTheme、Plugin、Uploadのファイルは必ずダウンロードします。

さくらインターネットでの作業

さくらインターネットのスタンダードプランでサーバーを借りて設定を行います。詳細はこちら。
そして、さくらインターネットのドメインに紐付けしたフォルダにダウンロードしたファイルを全てアップします。
(Coreserverで運用していたので.htaccessのファイルは削除します。rootとwp-adminにありました。)
データベースなどの設定を行いWordpressをインストール、そしてダッシュボードに入ります。

プラグインを全て有効化します。(WP-DBManagerだけでも可)
ダッシュボードのメニューに「Databese」→「Manage Buckup DB」と進み、一番新しいバックアップを選択して「Restore」ボタンをクリック。

これで全てのデータ(投稿、固定ページ、プラグイン、テーマ)が元あったWordpressと同じになっているはずです。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

  • ホームページの集客(売り上げ)改善のポイント

関連記事

  • 中小零細企業のブログの記事の書き方

  • WordPressで郵便番号から住所を自動入力できるようにする。contactform7 ajaxzip3

  • サブディレクトリでマルチブログ(wordpress3.0)さくらインターネット

  • WordPressがハッキングされた時の対処法(ロリポップ)

  • WordPress 3.0RC2日本語版を使ってみる

  • Skitter SlideshowをWordPressで複数設置する。