1. TOP
  2. wordpress
  3. WordPress4.2 Powell アップデート

WordPress4.2 Powell アップデート

wordpress
この記事は約 3 分で読めます。 11 Views

WordPressは小刻みにアップデートされていますが、今回のアップデートでヴァージョン4.2になりました。

wp42-update1
こんな風に更新のお知らせが出ていたら必ず更新して下さいね。Wordpressは最新バージョンのみのサポートになりますので、旧バージョンで不具合があっても対処できません。

wp42-update2
更新のページにも書いていますが、ファイルとデータベースのバックアップは必ず取ってから更新して下さい。
バックアップを取る方法はこちらのプラグインWP-DBManagerが便利です、Wordpressを使うなら必ず入れておきたいプラグインです。

WordPress4.2で変わった所

Press Thisが使いやすくなった

以前からWordpressに装備されていたのですがイマイチ使い方がわからなかったし、確か以前はパソコンにインストールして使うものだったのですが4.2からは使いやすくなりました。
更新してすぐ開くページにもありますが、Press Thisは左のメニューの「ツール」→「利用可能なツール」にあります。

wp42-tool1

利用可能なツールを開くとPress Thisがあるので、ドラッグ・アンド・ドロップで「お気に入り」や「ブックマーク」の適当な場所に配置します。
wp42-tool2

wp42-pressthis1

Press Thisの使い方

ウェブページを見ていて、ブログに書きたいサイトやページを見つけたら先ほど配置した「Press This」をクリックします。
すると、別窓が開いて投稿できるようになります。
wp42-pressthis2
上の画像はWordpress日本語サイトをPress Thisしてみました。
投稿のタイトルはページのタイトル「Wordpress > 日本語」になっています。
その下にはページにある画像です、クリックすれば投稿に挿入できます。
カテゴリやタグは右のメニューから選べます、全て終わったら右下の「公開」をクリックします。

今回のアップデートではCommunicationsとShearを強調しています。

プラグインにアップデートが簡単になった

4.2ではプラグインの更新も簡単便利になりました。

wp42-plugin
インストールされたプラグインのページで更新のお知らせがあったら「今すぐ更新」をクリックします。
wp42-plugin-1
更新中はこんな風に緑の矢印が回っています。
wp42-plugin-2
しばらくすると、「更新しました。」と表示が変わって更新完了です。

その他、2バイト文字を使う日本語、韓国語、中国語などで大きく改善されたようです。

関連する投稿:


\ SNSでシェアしよう! /

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客特化型ホームページの制作は愛媛県の魁文堂の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

能瀬 耀

この人が書いた記事  記事一覧

  • Windows XP パソコン VALUESTAR PC-VL300ED の修理

  • NEC ValueStar VW770/L PC-VW770LS6R の分解修理、ハードディスク交換

  • 集客が倍増するホームページ

  • ランサムウェアのファイルを復元(RannohDecryptor.exeの使い方)

関連記事

  • SEO対策を意識したWordPressの初期設定

  • WordPressのサーバー引越し(CoreServer→さくらインターネット)

  • WordPressの移設…違うドメインにWordPressを移す

  • WordPressのメニューを追加、変更する

  • WordPressのユーザー名(admin)を変更する~セキュリティ対策~

  • スマートフォンでの投稿でHTMLタグが変わる(CoreServer)